資格があっても就活は難しいと感じました

20数年介護の仕事をしてきましたが、一旦離職して再就職すると、介護福祉士の資格があっても、なかなか就職が決まらないです。
介護は人出不足だと言われますが、結局介護の事業所は女性中心となっているのか、男性は敬遠されることが多いと感じます。

3月末に辞めて、4月26日現在まだ決まっていません。非常に辛いです。
そんな中でも、ハローワークの相談員さんが非常に熱心な方で、決まらない状態でも対応してくださいます。涙が出るほどうれしかったです。

私が感じることは、介護の資格は特異な資格なので、世間一般の資格と比べると、どこでも使える資格ではないということです。
現在無職になっていますが、現在回答待ちの事業所がダメだったら、新しい先を探さなければなりません。

しかしまだ57歳なので働かなければならないジレンマと、自分の能力のなさを情けなく思っています。
介護の仕事を目指している方は多いと思います。しかし20代なら楽でも、50代それも後半になると、介護現場の就職は難しくなると感じました。